基本です!ダイヤモンド4c

鑑定書に必ず登場「ダイヤモンド4c」

鑑定書に必ず登場「ダイヤモンド4c」っていったいなんですか?

基本です!ダイヤモンド4c

ダイヤモンドは永遠の憧れ。

あまりこうした宝石に興味がないという人も、ダイヤモンドをみれば美しいなーと感じる方が多いのでは?色石にも美しいものがありますが、ことダイヤモンドというと、その美しさには目を引かれます。

ダイヤモンドには鑑定書というものが付いてきます。

これはダイヤモンドの鑑定を行う発行機関がダイヤモンド4cを中心にそのダイヤモンドがどういうものなのかを記したものです。

ダイヤモンド4cというのは、カット、カラー、クラリティ、カラットの4つの頭文字を表したもので、これによりダイヤモンドの価値がその鑑定書に記されています。

ダイヤモンド4cの鑑定を行う鑑定機関は一定の基準に基づいてダイヤモンドの格付けを行うという機関です。

この機関がダイヤモンドの鑑定を行い、それぞれにダイヤモンド4cを決定し鑑定書をつけるのです。

鑑定書はダイヤモンドがどういったグレードの物かを鑑定したもので、ほかのダイヤモンド以外の色石などについてくる鑑別書とは全く別のものです。

鑑別所はその石がどういう石なのか?成分などを表しいたもので、その価値がわかるものではありません。

鑑定書はダイヤモンドの価値がわかるものなのです。